世界最大のカニ タカアシガニ

長い脚で立っているようにみえるタカアシガニタカアシガニは、三陸(さんりく)から台湾(たいわん)、東シナ海沿岸(えんがん)に分布(ぶんぷ)するカニで、水深200mから400mの、砂(すな)や泥(どろ)のあるところに棲(す)んでいます。脚(あし)を広げると最大で4mを超(こ)えることもある、世界最大のカニの仲間です。カニというと横歩きの印象が強いかもしれませんが、タカアシガニは脚(あし)の根元にある関節が自由に動くため、横歩きはもちろん、前後にも自由に動くことができます。

戻る<<   >>進む